忍者ブログ
名言好きの管理人が気分のままに名言を紹介するブログです。気軽にお楽しみ下さい。
| Admin | Res |
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我々は知性の売春婦なのです

~ジョン・スウィントンの名言~

「世界史上、今日のアメリカに報道の自由などというものはありません。
それはあなたがたもわたしも知っていることです。
あえて率直な意見を書こうとする記者は1人もいないし、たとえ書いたとしても絶対に印刷されることがないことは初めからわかっています。
わたしが勤め先の新聞社から給料をもらえるのは、正直な意見を書かないからこそであります。
ここにいるみなさんも、同じことをして同じように給料をもらっているのです。
よしんばわたしの率直な意見が新聞に掲載を許されることがあったとしても、わたしはその日のうちに職を失うでしょう。
記者の仕事とは、真実を壊し、公然と嘘をつき、真実を歪曲し、人を中傷し、富の邪神にへつらい、国と同胞を売って、日々の糧を得るものであります。
あなたがたもわたしも、それを承知している。
とすれば、報道の自由に乾杯するとは、なんとばかげたことでありましょうか?
われわれは、舞台の陰にひそむ金持ち連中の道具であり召使いなのです。
われわれは操り人形であり、彼らが糸を引けば、それに合わせて踊るだけです。
才能も可能性も人生も、すべては他人の手の内にあります。
われわれは、知性をひさぐ娼婦なのです。」

1880年、『ニューヨーク・タイムズ』紙のジョン・スウィントン記者が、ニューヨークプレスクラブのパーティにおいて「報道の自由」に乾杯がなされたことに対して行ったスピーチです。

130年も昔から、報道と言うモノは捏造・歪曲されていたと言う事実がわかりますね。

報道の裏には受益者が存在し、受益者の為の報道が繰り返されているという事を、ニューヨークタイムズの記者が、報道陣に対してスピーチしているところに、ジョン・スウィントン記者のジャーナリストとしての気概を感じます。

まさに勇気の名言と言えるでしょう。

拍手[30回]

PR
ShopJapan TVショッピング
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
今日の名言検索
フリーエリア

世界名言集

新品価格
¥2,730から
(2012/11/4 01:06時点)

世界名言集

世界の名言100選 (PHP文庫)

新品価格
¥580から
(2012/11/4 01:07時点)

世界の名言100選

人生を逆転する名言集

新品価格
¥880から
(2012/11/4 01:07時点)

人生を逆転する名言集

ドラことば心に響くドラえもん名言集

新品価格
¥1,260から
(2012/11/4 01:08時点)

ドラえもん名言集
おすすめ
最新記事
(07/22)
(05/11)
(02/21)
(11/17)
(11/09)
(11/04)
(11/03)
(04/01)
(03/31)
(11/02)
(09/26)
(07/10)
(06/06)
(05/29)
(05/25)
(05/22)
(04/22)
(04/22)
(04/20)
(04/20)
(03/31)
(03/03)
(02/21)
(02/20)
(02/18)
今日の名言アクセス解析

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)今日の名言 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]