忍者ブログ
名言好きの管理人が気分のままに名言を紹介するブログです。気軽にお楽しみ下さい。
| Admin | Res |
<< 09  2019/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある

本田宗一郎の名言

本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者・本田宗一郎の名言です。

日本を代表する起業家・技術者として、世界的に有名な本田宗一郎の言葉だと思うと、抜群の説得力を持つ名言ですね。

拍手[5回]

PR

これを死地に陥れて、然る後に生く <<陥之死地而後生>>

孫子の名言

兵士を死地に陥れると、兵士達は生き残る為に必死になって協力しあう。だからこそ活路が開けるのだ。

絶体絶命の大ピンチに陥れば、リーダーシップなど必要なく、個人個人がピンチを脱しようと協力し合うものだ。

孫子は、この考えを説明する為に「呉越同舟」の話を使っている。

呉と越は非常に仲の悪い険悪な関係だった。しかし、ある時同じ船に呉の住民と越の住民が乗り合わせてしまった。

さらに運が悪い事に、その船が嵐にあって沈没寸前になってしまう。すると、仲の悪い者同士が一致協力して危機を脱した。

呉越同舟

日本では「呉越同舟」という四文字熟語は、利害関係の対立する者同士が同じテーブルに着くという険悪な状況を指す場合に使われる事が多いですが、本来の意味は組織管理術として用いられるべき言葉である。

呉と越

呉と越の対立関係は、非常に険悪で「臥薪嘗胆」という故事も生まれている。

拍手[1回]

心を攻めるを上となし、城を攻めるを下となす。

~馬謖の名言~

諸葛孔明が南方の反乱軍を平定する為に、遠征を行います。

その時、馬謖は孔明に「用兵の道は、心を攻めるを上となし、城を攻めるを下となす。」と進言します。

孔明は、馬謖の言葉を採用し、反乱軍の孟獲を捕らえても逃がします。

孟獲は七回反乱を起こし、七回捕らえられます。

七度目に捕まったときも、孔明は孟獲を逃がそうとしますが、孟獲は逃げずに孔明に従う事を誓ったといいます。

この故事を「七縦七禽(しちしょうしちきん)」と言います。



拍手[2回]

ShopJapan TVショッピング
  HOME  
今日の名言検索
フリーエリア

世界名言集

新品価格
¥2,730から
(2012/11/4 01:06時点)

世界名言集

世界の名言100選 (PHP文庫)

新品価格
¥580から
(2012/11/4 01:07時点)

世界の名言100選

人生を逆転する名言集

新品価格
¥880から
(2012/11/4 01:07時点)

人生を逆転する名言集

ドラことば心に響くドラえもん名言集

新品価格
¥1,260から
(2012/11/4 01:08時点)

ドラえもん名言集
おすすめ
最新記事
(07/22)
(05/11)
(02/21)
(11/17)
(11/09)
(11/04)
(11/03)
(04/01)
(03/31)
(11/02)
(09/26)
(07/10)
(06/06)
(05/29)
(05/25)
(05/22)
(04/22)
(04/22)
(04/20)
(04/20)
(03/31)
(03/03)
(02/21)
(02/20)
(02/18)
今日の名言アクセス解析

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)今日の名言 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]